役員報酬

会社設立をして役員報酬をもらうメリットについて

仕事をしようとする場合、大きく分けて二種類の方法があります。それはどこかに就職して自分を使ってもらうという道を選ぶか、自分で自分の仕事を選んで報酬をもらうかという未知の二種類です。前者はいわゆるサラリーマンと呼ばれる人間になりますが、後者は小規模な自営業の様に個人事業主として働くか、会社設立をして事業を始めるかのどちらかの道を歩むことになります。

後者の道を歩む場合、最初は個人事業主として働く人も少なくありませんが、ある程度事業に成功する様になるとほぼ例外なく会社設立と言う道を歩むことになります。そこにはそうした方がよいという様々なメリットが存在しているからなのです。

まず第一のメリットとして会社設立をした方が税制面で非常に有利であると言えます。会社設立をしないで事業を行う場合には入ってくる収入の全てが個人の所得として課税対象になるのが一般的な仕組みですが、会社設立をすれば法人の所得として個人から切り離すことが出来ます。そして法人の所得は事業運営上必要な経費を差し引いて税金を納めることの出来る法人税の制度がありますので非常に有利になるのです。

例えば自分の報酬を得る場合も、個人事業無視であれば自分の口座に入ってくる収入の中から自分の取り分を拠出しなければなりませんが、入ってくる金額は全て課税対象となるのです。一方で会社設立をした場合は自分の取り分は役員報酬として切り分けることが出来るのに加え、役員報酬を経費として認めてもらうことが出来ます。

経費となる場合は課税対象とならないのに加え、収入から控除できるので減税の効果を得ることが出来るのです。この様な仕組みはある程度の規模になるとメリットが非常に大きいため、役員報酬と言う制度を利用するためにも会社設立を目指す人が増えてきます。

もう一つのメリットが事業としての安全性の確保であると言えるでしょう。個人事業主の場合は法人格は持っていませんので何かがあればそれは全て代表者個人の無限責任を追及されることになります。しかし法人化してしまえば法人の有限責任にすることが出来るのです。この様な仕組みは対外的な信頼性をも向上させることになりますので、事業を上手く進めるためにも有益な道であると言えるでしょう。この様に税制面でのメリットや事業の信用など様々な観点から大きなメリットを得ることが出来る仕組みを持っているのが会社設立と言う選択肢であると言えるでしょう。