メールアドレス取得

会社設立の後のメールアドレス取得について

会社設立をすれば、その会社で新たにメールアドレスを取得したいというニーズはあります。会社名の入ったメールアドレス取得をして、それを名刺に印刷したいという人も多いのではないでしょうか。会社にとって信用は非常に大事で、メールアドレス取得をするだけでいくらかは信用力が高くなるのですから、経営者としてはぜひしたいと考えるのが普通です。

例えば、ドメイン名として「会社名.co.jp」を使っていれば、個人で事業を行っているのではなく、きちんと会社設立をして法人として営業していることが分かりますから、それだけでも信用力は高くなると言えるでしょう。ある程度のコストはかかってしまうのは仕方のないことなのですが、コストを抑える方法もありますから、会社設立をする段階である程度は調べておいた方が良いでしょう。

ドメインとは、メールアドレスで言えば「@」以降の部分です。会社設立をしてメールアドレス取得をすれば、やはりドメインに会社名を入れたいのではないでしょうか。まずどのようなドメイン名にするのかを決めなければなりません。そして、それが使えるのかどうかを確認しておくことも必要です。ドメイン名は先取制ですから、すでにほかの企業や個人が使っていれば使うことはできません。

ドメインを扱っている業者のウェブサイトで確認できます。次に、そのドメインをどこで管理するのかを決めなければなりません。会社設立をしてメールアドレス取得をしたとしても、そのメールを運用するサーバがなければまるで意味はありませんから、サーバを確保することが必要となります。大きな会社なら自社サーバを利用してメールサーバーとして用いることもできるでしょう。

しかし、自社サーバーを維持するためには、サーバの取得や管理にコストがかかりますし、それができる人材を配置することも必要となりますから、費用対効果は低いと考えられます。コストを抑えて運用をしようと考えているのなら、会社設立をするときにレンタルサーバーを利用すると良いです。

ビジネスの現場では、インターネットは必要不可欠のものですし、連絡や書類の送付はメールで行うのが普通です。このときにフリーのメールアドレスを利用していれば、あまり良い印象は得られないでしょう。それを考えれば、会社設立をするときには、メールアドレス取得は必須なものだと言っても言い過ぎではありません。会社設立をするときには、開業費として必要になると考えておくべきです。